10年落ち中古車の査定のポイント

10年落ちの中古車となると査定ではかなり苦労する可能性が高いです。
中古車市場では新しい車の方が好まれるのは間違いありませんし、そもそも10年落ちとなるとそれなりの期間使用されていることになるのですからコンディションも良くないことが多いでしょう。
ただ10年落ちの中古車でも少しのポイントに気を使えば査定額をあげることが可能です。
具体的なポイントとしてはまず車の内装外装をきれいにすることです。
車の内装と外装が綺麗なのであればコンディションは良いように見えますから査定スタッフに好印象を与えられますし、印象が良ければ査定の結果も良くなります。
加えてメンテナンスノートを見せるのもポイントになります。
古くともメンテナンスがしっかりされていれば価値の高い車として扱ってもらうことが可能です。
あと少々手間ではありますが、さまざまな業者に車をみてもらうのも欠かさず行いたいポイントと言えるでしょう。
中古車買取業者は車を買い取らないと利益が出ないわけですから、買い取れないよりは買い取れた方が良いと考えます。
ここを利用して複数の業者での競争にすることで査定額アップが見込めるのです。
10年落ちの中古車でもこうしたポイントを実践していけば査定額が上がりますからチェックしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする